防草シート等固定材



◾近年、雑草対策や景観向上の目的で様々な場所に防草シートを張ることが増えていますが、強風や突風でめくれてしまうことも多々発生しています。 防草シートは抜けにくい固定材で、しっかり固定する事が大事です。
◾弊社は、『より抜けにくく、より使いやすい』 防草シート等固定材の提供を目指して、新商品の開発や優れた商品の販売を行っています。
◾ハンマーで叩くだけで回転して入り、鉄製の固定材に比べ3倍以上抜けにくい『スパイラルプラ杭』、ジグザグ抵抗板の効果で非常に抜けにくい『ジグザグプラ杭』、高強度で10年以上の耐久性がある『ポリカ製のプラ杭』、とうもろこしから作った環境にやさしい『生分解性プラピン』、『Uピン』、『アスファルト釘』など、各種そろえています。防草シート固定材は地盤の状況や防草シートの種類などに応じてお選び下さい。

<新発売> ハンマーで叩くだけで回転して入る防草シートピン スパイラルプラ杭 HSP250

★ハンマーで叩くだけで回転して入る
◾ハンマーで叩くだけで回転しながら地盤に入ってゆく。スパイラルの形状は、『抜けにくさ』と『打込み易さ』のバランスを考慮して設計しました。
◾打込みに必要な道具はハンマーだけ。電動工具不要なで、多くの人が使用でき、また電源や発電機がない場所でも使用できるので大変便利です。

★シートカッター付で防草シートを巻き込まない
◾先端の方に尖った刃先のシートカッターが付いていて、打込むと最初に防草シートに切れ目を入れ、それから回転を始めるので、防草シートを巻き込まないで回転して入ってゆく。

★地盤から非常に抜けにくい
◾直径30mmのスパイラル杭で、打込むときに地盤をほとんど乱さず回転しながら入ってゆくので、打ち込んだあとは非常に抜けにくくなる。
◾同じサイズの鉄製のアンカーピンに比べると、打込み直後で3倍以上の引抜き抵抗を発揮する。

★シートをしっかり押さえ、ズレを防止する 
◾頭部分の直径が60mmと大きいので、防草シートをしっかり押さえ、また杭の穴を完全に隠すため、杭の周囲から雑草が生えにくい。

★厚いシートでも入りやすい 
◾先端が尖っているので、厚いシートでも入りやすい。



★抜くときは逆回転で抜ける
◾頭部分に横方向に穴があいており、その穴にドライバ-などを差し込み、逆回転させると抜くことができる。
◾なお、非常に硬い地盤では逆回転させるの相当な力を必要とし、場合によっては捩れて変形することもあるのでご了承ください。



★強度と耐久性がある
◾材質は高品質で紫外線吸収剤入りの「ABS樹脂」である。 PP(ポリプロピレン)などと比べ強度と耐久性が大変優れている。
◾頭と杭部の接合部をしっかり補強してあるので、頭を相当な力で叩いても折れたり、変形しない。

■主な用途
◾防草シート、植栽シート、植生シート、植生マット、その他のネット・マット等の固定。
◾頭部の穴にワイヤやロープを通してテントペグなどとして利用することもできる。

■適用場所
◾軟らかい地盤から硬い地盤。

■使用本数の目安
◾防草目的の場合は、シートの周囲は概ね50cm間隔、中間は概ね1m間隔での使用をお勧めします。 強風が吹く場所においては、状況に応じて使用本数を増やしてください。
◾ヒメイワダレソウや芝桜等のグランドカバープランツの植栽目的の場合は、シートをできるだけ地盤に密着させる方が良いので、概ね50cm間隔での使用をお勧めします。

スパイラルプラ杭 HSP250 100本入り

★ハンマーで叩くだけで回転して入る

サイズ  全長 264mm
     有効長 250mm
     頭部直径60mm
重量    54g
色    黒
材質    ABS樹脂(紫外線吸収剤入)
備考    日本製
     特許取得済(特許第6035664号)
    
【価格】130円/本(税込)注文単位100本

ジグザグプラ杭 ポリカ製ZPK-E-PCシリーズ 防草シート等固定用アンカーピン

■防草シートや植栽シート、植生シート、植生マット、その他のネット、マット等を地盤に固定するためのアンカーピンや杭です。樹脂製の杭をはじめ各種そろえています。

【ポリカ ジグザグプラ杭 ZPK-E-PCシリーズ】
「ポリカ ジグザグプラ杭」はABS樹脂製のZPKシリーズをポリカ製にしたもので、ABS樹脂製の約5倍の耐衝撃性があり、耐用年数も10年以上あります。そのため非常に硬い地盤や長期の耐用年数を求められる場所でも安心して使用できます。

【ジグザグ抵抗板】【弾力性のある返し】の相乗効果で大きな引き抜き抵抗を発揮するオリジナル商品です。 
ポリカは樹脂では最高の耐衝撃強度を有する素材で、ヘルメット、防護盾、旅客機の客室窓などにも使用されています。





主な特徴
・高耐衝撃性・高耐久性
・直射日光や風雨などにも強く、耐久性も10年以上ある。
・耐寒性と耐熱性が非常に優れており、-40℃から120℃まで使用できる。
杭の下部に「ジグザグ抵抗板」(特許出願中)が表裏にあり、 杭を土に打ち込むと、この部分に土が入り込み、杭が抜けようとすると、斜め上方向に土を持ち上げようとするため非常に抜けにくくなる。 従来の杭では抜けやすかった軟らかい土でも抜けにくくなる。 ジグザグ抵抗板による引き抜き抵抗は、打ち込んだ直後から発揮され、時間の経過とともに土がしっかり入り込むため、より強力になる。
・杭の両側に「弾力性のある返し」が付いていて、杭を硬い土に打ち込むと、周囲の土の圧力で内側に縮まり、打ち込んだ後は元に戻ろうとして周囲の土に食い込むため、非常に抜けにくくなる。
頭部分が大きく、しかも「裏面がギザギザ」(特許出願中)になっているので、シートをしっかり押さえ、ズレを防止できる。 また杭の穴を完全に隠すため、杭の周囲から雑草が生えにくい。
・「先端が尖っている」ので、厚いシートでも入りやすい。

主な用途
・防草シート、植栽シート、ネット、マット等の固定
・プランタなどの軽微な工作物の架台(ジグザグ抵抗板は引き抜き方向だけでなく押し込み方向にも抵抗を発揮する)

■適用場所
普通の地盤から非常に固い地盤。軟らかい地盤にはZPK-250かZPK-360をお勧めします。

■使用方法
1.使用本数の目安
・防草目的の場合は、シートの周囲は概ね50cm間隔、中間は概ね1m間隔での使用をお勧めします。 強風が吹く場所においては、状況に応じて使用本数を増やしてください。
・ヒメイワダレ草や芝桜等のグランドカバープランツの植栽目的の場合は、シートをできるだけ地盤に密着させる方が良いので、概ね50cm間隔での使用をお勧めします。

2.砂利混じりの場所での使用方法 
・この杭は耐衝撃性が非常に優れているので、少しぐらい小砂利があっても問題なく使用できます。ただし下層部まで大量に砂利がある場所や大きな石がある場所で使用すると、杭が石にあたりそれ以上入らなくなってしまうことがあります。そこで、事前に鉄筋棒を打ち込み、杭が入ることを確認してから実際に杭を打ち込む事をお勧めします。鉄筋棒の径は杭よりやや小さいサイズにしてください。


 この動画は、Uピン(径4mm)、ABS樹脂製のジグザグプラ杭ZPK-180、ポリカ製のジグザグプラ杭ZPK-180-PCを砂利混じりの非常に硬い地面に打ち込んで比較したものです。

ジグザグプラ杭 ABS製ZPK-Eシリーズ 防草シート等固定用アンカーピン

【ジグザグプラ杭 ZPK-Eシリーズ】
非常に抜けにくく、強度と耐久性もあるオリジナル商品です。平成26年4月の発売以来、多くのお客様に、道路や水路の法面、メガソーラー用地など様々な場所でお使いいただき、好評をいただいております。

★打ち直し時シートから抜き易い新タイプ 

★シートから抜き易い 
◾「抵抗エルボー」は上部がくの字にすぼまっていて、しかもその上にガードが付いているので、打ち込んだ時に下に石などがあり引き抜く必要が生じた場合でも、シートからスムーズに抜く事ができる。この事により作業性が良くなり、また杭の再利用もし易くなる。

★シートをしっかり押さえ、ズレを防止する 
◾頭部分が大きく、しかも「裏面がギザギザ」(PAT申請中)になっているので、シートをしっかり押さえ、ズレを防止できる。 また杭の穴を完全に隠すため、杭の周囲から雑草が生えにくい。

★厚いシートでも入りやすい 
◾「先端が尖っている」ので、厚いシートでも入りやすい。

★強度と耐久性がある
◾材質は「ABS樹脂」で強度がある。 また「紫外線吸収剤入」のため耐久性がある。

■主な用途
◾防草シート、植栽シート、ネット、マット等の固定
◾プランタなどの軽微な工作物の架台(ジグザグ抵抗板は引き抜き方向だけでなく押し込み方向にも抵抗を発揮する)

■適用場所
◾軟らかい地盤から固い地盤。ZPK-250でも固定できない地盤にはZPK-360をお勧めします。

■使用方法
1.使用本数の目安
◾防草の目的の場合は、シートの周囲は概ね50cm間隔、中間は概ね1m間隔での使用をお勧めします。 強風が吹く場所においては、状況に応じて使用本数を増やしてください。
◾ヒメイワダレ草や芝桜等のグランドカバープランツの植栽目的の場合は、シートをできるだけ地盤に密着させる方が良いので、概ね50cm間隔での使用をお勧めします。
2.砂利混じりの場所での使用方法 
◾この杭は相当の強度があるので、砂利混じりの場所で使用しても簡単には折れませんが大きな石があると、杭がそれ以上入らなくなってしまいます。そこで、事前に鉄筋棒などで下穴を開け、杭が入ることを確認してから実際に杭を打ち込む事をお勧めします。下穴の径は杭よりやや小さいサイズにしてください。

・日本製
・特許及び意匠登録出願済み 
・品質証明書発行できます
・公的機関での強度試験等のデータあります

【特徴】
★非常に抜けにくく、しかも即効性がある

■杭の下部に「ジグザグ形状の抵抗板」(PAT申請中)が表裏にあり、 杭を土に打ち込むと、この部分に土が入り込み、杭が抜けようとすると、斜め上方向に土を持ち上げようとするため非常に抜けにくくなる。 従来の杭では抜けやすかった軟らかい土でも抜けにくくなる。 ジグザグ形状の抵抗板による引き抜き抵抗は、打ち込んだ直後から発揮され、時間の経過とともに土がしっかり入り込むため、より強力になる。
■杭の両側に「弾力性のある返し」が付いていて、杭を硬い土に打ち込むと、周囲の土の圧力で内側に縮まり、打ち込んだ後は元に戻ろうとして周囲の土に食い込むため、非常に抜けにくくなる。
★シートをしっかり押さえ、ズレを防止する 
頭部分が大きく、しかも「裏面がギザギザ」(PAT申請中)になっているので、シートをしっかり押さえ、ズレを防止できる。 また杭の穴を完全に隠すため、杭の周囲から雑草が生えにくい。
★厚いシートでも入りやすい 
■「先端が尖っている」ので、厚いシートでも入りやすい。
★強度と耐久性がある
■材質は「ABS樹脂」で強度がある。 また「紫外線吸収剤入」のため耐久性がある。


【使用方法】
■防草の目的の場合は、シートの周囲は概ね50cm間隔、その他は概ね1m間隔での使用をお勧めします。 強風が吹く場所においては、状況に応じて使用本数を増やしてください。
■ヒメイワダレ草や芝桜等のグランドカバープランツの植栽目的の場合は、シートをできるだけ地盤に密着させる方が良いので、概ね50cm間隔での使用をお勧めします。
■この杭は相当の強度があるので、砂利混じりの場所で使用しても簡単には折れませんが大きな石があると、杭がそれ以上入らなくなってしまいます。そこで、事前に鉄筋棒やドリルで下穴を開け、杭が入ることを確認してから実際に杭を打ち込む事をお勧めします。下穴の径は杭よりやや小さいサイズにしてください。

【弾力性のある返し】【ジグザグ形状の抵抗板】を設けることによって、軟弱地盤でもある程度の引き抜き抵抗を発揮できます。 もちろん硬い地盤では強力な引き抜き抵抗を発揮します。ハードな環境でも使用できるようにしました。 紫外線吸収剤入のABS樹脂を使用していますので耐久性もあります。 また厚くて丈夫なシートでも貫通できるように先端の形状を工夫しました。 そのため、様々な地盤、場所、シートに適用できます。 

ポリカ製ジグザグプラ杭ZPK180E-PC
有効長  :180mm
材質   :ポリカーボネート
色     :グレー
耐用年数 :10年以上
特徴   :耐衝撃性と耐久性が非常に優れている
適用場所 :普通の地盤から非常に硬い地盤    

【価格】ネット特価62円/本(税込)注文単位100本 

 

ポリカ製ジグザグプラ杭ZPK250E-PC
有効長  : 250mm
材質   :ポリカーボネート
色     :グレー
耐用年数 :10年以上
特徴   :耐衝撃性と耐久性が非常に優れている
適用場所 :軟らかい地盤から非常に硬い地盤

【価格】ネット特価98円/本(税込)注文単位100本

■ABS樹脂製ジグザグプラ杭 ZPK180E
サイズ
全長  186mm
有効長 180mm
頭部直径51mm
重量  27g
材質   ABS樹脂(紫外線吸収剤入)
【価格】ネット特価42円/本(税込)注文単位100本 

■ABS樹脂製ジグザグプラ杭 ZPK250E
サイズ
全長  257mm 
有効長 250mm
頭部直径56mm
重量  51g
材質  ABS樹脂(紫外線吸収剤入)
【価格】ネット特価65円/本(税込)注文単位100本

■ABS樹脂製ジグザグプラ杭 ZPK-360
サイズ
全長  367mm
有効長 360mm
頭部直径56mm
重量  63g
材質   ABS樹脂(紫外線吸収剤入)
【価格】ネット特価120円/本(税込)注文単位100本

防草シート等固定用生分解性アンカーピン

■とうもろこしを主な原料としたプラピン。 土の中で水と炭酸ガスに分解され、最終的に土にかえる地球環境にやさしい防草シート等固定材です。

◾材質はとうもろこしを主たる原料とした生分解性ポリ乳酸樹脂
◾土中に使用すると、土中の微生物により3~5年で分解が始まり、最終的に水と炭酸ガスに分解されます。大気中のCO2を増加させません。(土にかえる 土にとける 土にもどる) 《※分解速度は土壌の条件により変化します》
◾衝撃に強く、折れにくい形状にしてあります。
◾生分解性のワッシャ付きなので、シートをしっかり押さえることができます。

生分解性プラピン P-150ワッシャー付 <100本入り>

全長:    150mm
ワッシャー: 直径 43mm
材質:    とうもろこし主たる原料とした生分解性ポリ乳酸樹脂(三井化学製)

【価格】ネット特価65円/本(税込)
注文単位100本
 

 

生分解性プラピン P-200ワッシャー付 <100本入り>

全長:    200mm
ワッシャー: 直径 43mm
材質:    とうもろこし主たる原料とした生分解性ポリ乳酸樹脂(三井化学製)

【価格】ネット特価72円/本(税込)
注文単位100本
 

 

生分解性防草シート

トウモロコシ樹脂分解性不織布
耐用年数  2~3年

■必要期間後に微生物分解して土に還る、環境に優しい防草シートです。
■長期耐久性タイプと同じく畦畔、用水路法面などの雑草対策に最適です。
■通気、透水性に優れますのでヒメイワダレソウやシバザクラなどカバープランツ植栽との併用に最適です。

グランドカバープランツ植栽は法面保護と景観性の向上が図れますが、地表面を被い尽くす前に雑草が発生すると駆逐され衰退してしまいますので細やかな雑草管理(除草作業)が必要になります。このような管理手間を低減するため、防草シート・マットとカバープランツを併用した省力緑化をお勧めします。

※シート固定用副資材が必要です。詳しくはお気軽にお問い合わせください。
※用途に合わせた多様なシートをご用意しております。

ソーラー発電施設の雑草対策

ソーラー発電施設は全国で展開されていますが、施設周辺の敷地の表面が土や砂の場合には雑草対策などの維持管理が必要となってきます。
建設当初はあまり気にされない場合もありますが、半年もすると周辺が雑草で覆い尽くされることも多考えられます。
雑草を放置することによって太陽光パネルが影となり、発電量の低下、またホットスポット現象が発生してパネル自体が損傷してしまこともあります。
メガソーラーを維持管理していく上では雑草対策を施す事が重要となってきます。

主な雑草対策

●防草土系舗装
自然土色による景観向上、保水透水性を兼ね合わせているため地表温度の低下が期待できます。
又他工法との組み合わせも容易です。

●防草シート
防草シートは事前に施工することにより雑草の発生を未然に防ぐことができます。シートの貼り方によっては一部雑草が発生してしまうこともありますので、施工には注意が必要です。また、素材、耐久性、価格、施工方法など様々ありますので現場に応じたシートを使用する事が重要です。

⇒防草シートはこちら


●除草剤
既に雑草が繁茂してしまった場合、雑草の発生前に使用する場合特定の雑草が多く発生している場合など除草剤の種類も多岐に渡ります。現場の状況を踏まえて適切な除草剤をおすすめさせていただきます。

●グラウンドカバー植物の植栽
クローバー、ダイカンドラ(ディコンドラ)などグラウンドカバー植物は背丈が低く、太陽光パネルが陰になることはありません。施設周囲の景観もよくなり、土の流出も防ぐ事が出来ます。防草植栽シートと併用することで、定期的なメンテナンスを軽減することができます。
又、緑地面積を必要とする場合にもおすすめです。

●草食系動物による除草
ヤギ、羊などの草食動物レンタルによる雑草対策は近年話題となっています。

雑草はアスファルトやコンクリートの隙間、少量の土や砂があるところでも生えてきます。どんな対策をしても定期的に管理することは必要となってきます。

■防草シート関連資材、クローバー、ダイカンドラ種子などのグラウンドカバー植物の販売を行っております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

太陽光発電施設長期対応防草シート

低コストで安定的な長期耐久性防草シート
植樹ニューマットC-3をおすすめします。

植樹ニューマットC-3は、リサイクルPET不織布に特殊な表面熱処理を施した、長期的な雑草対策にお使い頂ける防草マットとして、優れた特性を有しています。

⇒植樹ニューマットC-3資料はこちら(PDF)

■ 敷設後18年経過した施工現場からサンプルを採取し、経年変化による強度劣化の度合を調べました。試験の結果、初期数値の約30%程度まで強度劣化が進んでいるものの、マルチング材の仕様指標の一つである、NEXCO各社共通の造園施設標準図集に掲載されている、マルチング材の最低初期強度設定値(引張強度196N/5㎝)を、タテ・ヨコ平均強度では10%超上回っており、植樹ニューマットC-3の公表耐用年数(約10年)の倍にあたる約20年経過後も雑草を抑制しうる強度を有しているのが解ります。
また、遮光率については劣化が見られず、初期の数値が維持(99.99%が100%となっているのはJISの表記方法変更による)されており、敷設境界付近から侵入して来る雑草の光合成を妨げ、それ以上の侵入を防ぎます。

※シート固定用副資材が必要です。詳しくはお気軽にお問い合わせください。
※現場状況に合わせた多様な防草シート、固定用Uピン、ジグザグプラ杭等をご用意しております。

植栽用防草シート

ノリクロス 1515BG
長期にわたり雑草の発生を抑制し、草刈りの手間を省きます。

巾(cm) 50 / 75 / 100 / 150 / 200
長さ:100m
色:グリーン

シートピン・テープ等を含めたお見積もりにつきましては、
お問い合わせフォーム または TEL/FAX にて是非一度ご相談ください。

ノリ(法面)クロスとは
● 高密度強力織物の高い遮光性により防草効果抜群です。
● 水田法面や畦にご使用することにより、長期にわたり雑草の発生を抑制し草刈りの手間を省きます。
● グリーン色なので景観になじみます。
● 20cm間隔でラインが入っていますので、植物の配列や設置に便利です。
⇒ノリクロス資料はこちら(PDF)
⇒施工事例資料はこちら(PDF)


ノリクロス以外にも生分解性シートやソーラー発電施設向き長期耐久性防草シートなど用途に応じ種類豊富なシートを取り揃えております。
詳しくはお問い合わせください

害獣対策・駆除材(イノシシ・イノブタ・鹿・アライグマ・ハクビシン対策 【亥旦停止】)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
イノシシやシカは人間の何千倍の嗅覚があり、嫌いな臭いには極めて敏感です。
また、色に対しても特定のものを嫌います。
亥旦停止はこの習性を利用して、臭いと色で猪や鹿などの害獣を侵入防止する害獣忌避材です。
その効果は、高速道路や鉄道でも実証されています。
設置が簡単でコストも安いことから、上記の他、森林、農地、牧場、公園、ゴルフ場、空港、
工場、発電所、変電所、別荘地、保養地、寺社、住宅団地など様々な場所で使用されています。
イノシシ対策、イノブタ対策、シカ対策、ハクビシン対策などにご活用ください。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・



★商品の特長 
① 臭いによる強力な忌避効果
亥旦停止は、唐辛子成分(カプサイシン)を主体に、カレーやシナモン、ハーブなど猪 や鹿などの害獣が嫌う約20種類の忌避剤を封入することにより、臭いによる強力な忌避効果を発揮します。
② 視覚(色と揺れ)による強力な忌避効果
猪や鹿は特定の色を非常に嫌います。
猪は青イノブタは紫鹿・ハクビシン・アライグマは赤 
それが揺れると更に効果が増します。 亥旦停止は形状を短冊型にして吊るすことにり、揺れの効果も発揮できるようになっています。
亥旦停止は害獣が嫌いな臭いと色の相乗効果で、イノシシやシカなどの侵入防止・侵入阻止に大きな威力を発揮します。
③ 一定間隔で吊るすだけですから、設置がとても簡単です
④ 効果が長期間(約1年間)持続します
⑤ 人にも環境にもやさしい商品なので、安心して使用できます





 
イノシシ(猪)イノブタ(猪豚)違い

 ■イノブタとは
  イノブタは、イノシシとブタが交配してできた子供。もともとブタはイノシシを家畜化したものなので、イノシシとの交配が可能。

 ■イノシシとイノブタの見た目の違い
  イノブタは見た目にはイノシシに近いが、個体によって様々。イノシシとほとんど違いが判らないも多く、見た目だけで判断するのは難しい。サイズはイノブタの方が大きいことが多い。

 ■イノシシとイノブタの繁殖力の違い
  イノシシの繁殖期は1年1度だけ、イノブタは年中繁殖できる。繁殖力はイノシシは5倍と言われている。
 ■イノブタが多く生息していると思われる地域
  
現在把握できている地域のみ列記しています。参考にして下さい。

    東 北    ・ 福島県 富岡町、浪江町、他
    関 東    ・ 栃木県 安足地域、日光地域(足利市、日光市、他)
           ・ 茨城県 水戸市
           ・ 千葉県 木更津市
    北 陸    ・ 福井県 嶺北南部(越前市 他)
    関 西    ・ 大阪府 南部地域(泉南市 他)
           ・ 和歌山県 紀北地域(和歌山市 他)

                               <資料提供> ㈱福井熱処理

★使用方法

◾取り付けバンドでネットまたは柵、ロープなどにしっかり固定して下さい。
取り付け間隔イノブタ用は1m以内、1.5m以内にして下さい。
下端が地面より10cm~30cm程度上になるように設置して下さい。
◾亥旦停止は、田畑を囲むだけでは効果が現れにくい場合がありますので、その際には「獣道」を特定して極所的に吊るす対策を講じて下さい。
アライグマ・ハクビシン(屋外用)は、果樹等に適当な間隔で吊り下げて下さい
アライグマ・ハクビシン(屋内用)は、屋根裏などに畳一畳につき1枚程度置いて下さい。
◾ネット、柵、電気柵等、他の忌避材と組み合わせると、より効果的です。
◾具体的な取付方法は、下図を参考にして下さい。
◾長期保存する場合は、ポリ袋等に入れて密閉し、暗所に保管して下さい。

★亥旦停止の設置事例 

★テレビ番組でも紹介されました  

ドライテック 呼吸する舗装材

☆累透水性比較

ドライテックを下地に使用した舗装仕上げは、自然に雨水を地中に浸透、地表面の遮水を防ぎ自然環境を護ります。ゲリラ豪雨に匹敵するホースからの大量の水を透水しています。

■快適・安全な環境をつくる

毎年のようにみられる集中豪雨・台風による河川の氾濫、道路の冠水。
その一つの原因として、従来のアスファルト舗装、コンクリート舗装や各種建築物による地表面の遮水が考えられます。

高透水性のドライテックを歩道・建物外構・駐車場などに使用することで、その優れた透水能力で雨水を地中へ浸透させ、排水設備への負担を軽減し、自然災害 に強い環境整備に貢献します。また、ドライテックの保水性・通気性はヒートアイランド現象を防止して快適な都市空間づくりに寄与します。

■従来コンクリートに変わる画期的舗装仕上材

ドライテックのポーラス構造がコンクリート舗装の透水性を実現。
組成分の無機バインダーは十分な強度と耐久性を発揮し、歩道・駐車場の使用にも対応します。
特殊骨材や樹脂系物殊バインダーを必要としないので、生コンプラントで簡便に製造し、速やかに現場への配送が可能です。
従来のコンクリート舗装に較べて配筋が不要で、水勾配の計画の必要もありません。
排水処理の計画・設備が不要で、均し工程も1回ですむため、作業性に優れ経費が大幅に削減されます。
1㎡から配送可能で、小規横な駐車場から大規横の舗装施設の施工まで対応します。

■透水性石材・タイル・砂利敷き仕上

下地を従来のコンクリートからドライテックにすることで、通常のタイル・石材仕上も透水性の仕上げとなり、幅広い意匠性の透水性舗装仕上げを実現します。

また、砂利敷き仕上の下地に使用することで、玉石や砂利が土へ埋没することがないため、砂利の補充期間が長くなりコスト削減にもつながります。

①適用用途:歩行用 歩道用道路・店舗・住宅エントランス・広場・公園・マンションピロティ
②適用用途:歩道・駐車場 車道に隣接する歩道・店舗駐車場

ドライテックの特徴

■高強度
ドライテックは、透水性舗装材に求められる空隙を多く持つポーラス構造でありながら、表面強度・曲げ強度に優れ、コンクリート舗装材として十分な強度を長期的に保持します。

■透水・保水性能
ドライテックは内部にポーラス構造と呼ばれる多くの空隙があり、雨水を透水・保水しながら地中へ浸透させるため、水溜まりができたり雨水が下水に集中するのを防ぎ、地下水系への影響を最小限に抑え安定化させます。

■耐久性
透水性ポーラスコンクリートドライテックは、無機バインダーを使用することにより、長期間、強度を維持し、透水性アスファルトなどで発生する修復不可能な空隙のつぶれなどを生じることがありません。

■快適性
店舗・住宅のエントランス・駐車場など雨の日も水溜まりがなく、お客様に快適に歩行して頂けます。

■意匠仕上
ダイレクト仕上、ダイレクトカラー仕上、ダイレクト撒石仕上、石材仕上、タイル仕上など様々な景観に応じた意匠を提供することが出来ます。

■経済性
施工に際しては特別な設備・機械が必要なく、コンクリート舗装と同程度のコストを実現しました。
特殊骨材・樹脂系特殊バインダーを使用しないため、特別な設備も必要なく生コンプラントで簡易に製造、配送することができます。

■環境性
[自然環境の保全]
雨水が循環するため地中構造が自然状態に近く、地下水の枯渇抑制、地盤沈下の防止、生態系の保護など自然環境保全に効果を発揮します。
[ヒートアイランド現象の抑制]
透水機能で保水された地中水分と通気機能による地中からの水分蒸散は、直射日光による路面温度の上昇を抑え、ヒートアイランド現象を抑制します。

■作業性
[材料製造の容易性・利便性]
ドライテックは、高品質な透水性舗装材を生コンプラントで製造することができ、住宅などの小規模の現場はもとより大規模な透水性コンクリート舗装現場にお いても施工できます。製造方法、施工方法は施工面積や規横により異なりますが、透水性舗装材の製造・施工において特別な設備・施工機材は必要としません。

無機主体の水系タイプで、作業時に取り扱いやすく、安全性にも優れています。

トップへ戻る

ページのトップへ戻る
Copyright © GREENBIO CO.,LTD. All Rights Reserved